ペットの種類

あなたの飼いたいペットがきっと見つかります

Read More

ペットの飼い方

ペットの正しい飼い方とはどのようなものか

Read More

もしものとき

大切なペットの健康を守るために

Read More

ペットと生活すること

d4e0d4e2c14f6f5cecc2b3ed80924edb_s「ペットを飼う」なんて一言で簡単に言えるようなものではありません。
しつけや食事、運動、病気、その他気を付けたい事はたくさんあります。

子供が「動物を飼いたい」と言い始めてペットを飼うことになった方は多いでしょう。
ですが子供は世話をせずに大人が責任を持つことに、なんて話はよくあります。

動物が好きな人もいれば嫌いな人もいますから、「ペットを飼う」ことは大変なのです。
ですが、そんなに大変なことでしょうか?

現代日本では、ペットと生活をするための様々なサポートがあります。
お金をかけずに動物を引き受けることができる、里親探しをしているところもあれば、ペットショップなど数えきれないほど街にあふれているでしょう。

そんな時代でもペットを簡単に手放す方がいますが、「一生涯ペットを育てること」は実は簡単なことなのですよ。
しつけが大変だ、面倒を見るのは大変だ、なんて言っても誰でもできますしちょっと気を付けるだけで動物たちとの快適な生活が送れるのです。

これからペットを飼おうと考えている方は、想像して下さい。
どういったことが必要で、どう心構えを持っていれば良いのか。

結論からいえば、動物を飼うために必要な心構えはただ「生涯面倒を見るという責任感」だけで良いのです。
苦難があればともに乗り越えて、日々の生活を満喫できればそれで良い、そう思いませんか?

ペットを飼うならどんな種類が良いのか

こればかりはペットの種類とあなたの性格やライフスタイルを見ないことにはわかりません。
たとえば外出時間が長い人は、室内で飼えるペットがおすすめです。
室外で飼う場合時間になると家に入れてあげないといけませんし、季節によっては部屋で過ごすこともありますからあまりにも外出時間が長いとしっかり面倒を見ることができないでしょう。

また、「ペットとどう過ごしたいか」によっても種類が異なります。
ずっと触っていたり、連れまわしたいという方は犬がおすすめです。
見ているのが好きな方は、淡水魚やトカゲなどの爬虫類も可愛いですし、ハムスターなどは見ていてとても癒されます。

ウサギは寂しがり屋な反面、撫でられることを嫌う子も多いので「一緒に遊ぶ時間」が取れる方に向いています。
また、鳥類は糞の問題から放し飼いにはできませんから、よく目を配ることができる方に向いているでしょう。

あなたのライフスタイルと性格で相性を判断して、飼いやすいと思った種類を飼いましょう。
ペットショップで「一目惚れ」なんて飼い方は、間違っています。

当サイトについて

当サイトでは、ペットと快適な生活を送る為の総合的な情報をご紹介しています。
たとえば、「かかりつけの病院」「病気や怪我をした場合」など。
万が一のことを考えた飼育上の注意から、基本的な飼い方まで。

ペットの種類では、犬や猫、ウサギ、鳥類、爬虫類・両生類、ハムスター、淡水魚のそれぞれの種類や特徴、飼い方などを紹介しています。
出産や失踪などのよくあるトラブル例まで、しっかり目を通してペットを飼う準備を整えていきましょう。

>>ペットの飼い方
ペットの飼い方で気を付けること

>>ペットの種類
ペットの種類とは?

>>もしものとき
もしものときはどうすれば良いのか