記事を読む

かかりつけの病院をつくる

動物にもかかりつけの病院が必要

動物は人間のように話をすることができません。
人は幼児にもなると自分で「痛いところ」「辛い症状」を話します。
痛いといえば怪我をしているかもしれない、辛いといえば病気かもしれない。

大人は子供たちの声で判断をして病院に連れていくことができますね。
ですがペットはそうはいきません。

ペットは自分で症状を語ることもできなければ「辛い」という症状さえわかっていないときもあります。
周囲の人間が見守って、ただ飼い主が連れていかなければ病院へ行くことはできないのです。

動物たちが病気になったとき、どこへ連れていきますか?
かかりつけの動物病院を持っておくと、診察券や生まれてからの予防接種の情報などの健康管理をしてもらえます。
そういったカルテをしっかりと作ってくれるのです。

また、定期的に病院へ行くことで重大な病気を早期に発見することができるかもしれません。
かかりつけの病院もないようでは、手遅れの状態まで気付かずに治療ができないかもしれないのです。

ペットの健康診断

ペットにも定期的な健康診断を受ける必要性があります。
人間でも「隠れた病気」にはすぐに気が付くことができません。

ペットは人よりも寿命が短く、病気も気づきにくい。
そこで、かかりつけの病院で健康診断を受けることによって隠れた病気も早期発見することができるかもしれないのです。

健康診断の内容は様々ですが、一般的な検査では、問診や視診、触診、聴診、打診など。
精密検査では血液検査、レントゲン、超音波、心電図、便検査、尿検査などがあります。
これは年齢に応じて組み合わせて行います。

健康診断では救われた命がたくさんあります。
通常は一般検査で異常を見つけた場合のみ精密検査となりますが、見つからない場合でも検査をすすめることは可能です。

先天的な病気は症状が出るまで気がつかない

先天性の病気はとくに、見た目で気づくことはできません。
皮膚病や目の病気など見える部分は飼い主でも気づくことがあります。
ですが、先天性心疾患や肝臓疾患などは早い段階で対策を取ると治療ができますが、気付かなかった場合命を落としてしまうことが多いのです。

医学的なこともそうですが飼い主が気づくことができなかったときの悲しみは計り知れません。
飼い主は「自分が気づかなかったからだ」と悲しむでしょう。
大切な家族を守るためにも、あなたが幸せにペットと共に生涯過ごすことができるように、定期的な健康診断を受けましょう。