記事を読む

ペットショップの選び方

販売後の保証はついているのか

ペットを飼い始めてから先天性の病気が見つかったり、亡くなってしまったりというトラブルが相次いでいます。
見た目ではわからなくても飼い始めると症状が現れるなど。
特に癌や先天性の病気は早期に発見しにくいですから、購入後には保証がついているのかを確認する必要があります。

最低限、生後半年以内までの医療費の補助や、ワクチン代を無料にする、生命保証などの保証がついていると安心です。
ペットショップによってはこういった保証さえついていないところもあります。
事前にしっかりチェックしておきましょう。

店内を見てみよう

ペットショップ選びにもいくつかのポイントがあるので簡単にご紹介します。
ペットショップに行った際は、店内をよく見渡してください。
店内が清潔に保たれているか、ゲージ内は綺麗に掃除されているか、こういった点を注意深く見てみましょう。

ペットショップはサービスが整った良いところもたくさんありますが、なかには少しサービス内容が悪いところもあります。
必ず上記のようなポイントを踏まえ、良いペットショップか判断してみるとよいでしょう。

ペットショップに関するページで、このような質問がありました。
>>http://oshiete.goo.ne.jp/qa/3417645.html
やはりペットショップといえども、さまざまな状況があるようです。
自分の目で見て、一番納得できるところを選んでみてはいかがでしょうか。

店員を見てみよう

ペットショップを選ぶもう一つのコツとして、店員に注意を向けてみる方法があります。
噛み合わせが悪い、デベソなどの欠点がある場合、それらをちゃんと説明をしてくれるショップは良いショップです。
欠点があっても説明しない場合もあるので、逆に聞くことも大切かもしれません。

また、通常のペットショップでは「うんちの状態が悪い」と引き渡しを行いません。
犬は環境や体調によってすぐに排泄の状態が変化します。
状態が悪い場合は、引き渡しを伸ばすことがほとんどですが、悪い状態なのに引き渡すのは「早く売りたい」と考えているショップです。
悪いペットショップか、良いペットショップか必ず見極めて、下調べをしてから購入しましょう。