記事を読む

ペットの飼い方

ペットを飼う時には心構えが必要

820c595a289354250562409b2ed0cc7b_s「ペットショップで一目惚れをして飼いたいと思った」「ちょっと余裕があるから飼おうかと思った」
このような甘い考えでペットを購入すると大変なことに。

ペットを飼うにあたってある程度、心構えは必要です。
動物といっても大切な命、家族の一員として迎えて挙げなければいけません。

ペットに対してもそうですが、一緒に住んでいる家族や近隣に住む方にもそれなりの影響を与えます。
動物たちは飼い主のことを大好きですから、子供がいれば子供に対してやきもちを焼きます。
お散歩へ行けば排泄もしますし、処理・対応するのはすべて飼い主です。
飼い主には責任があり、生半可な気持ちで飼うものではないのです。

ペットショップどう選ぶ?

ペットを飼うにあたって最初に注意したいのは「ペットショップの選び方」
飼ったは良いが、引き渡しの時点で具合が悪そうで、家にきてわずか3日で亡くなってしまったというケースがあります。
トラブルに合わないためにもペットショップ選びは大切です。

購入した後の保証はついているのか?店内は綺麗なのか?
ペットを店内で観覧できるように並べていること自体、動物愛好家には反感を呼びます。
ですが、飼う以上「選ばなければいけない」わけですから並んでいるペットを見て「かわいそうだ」と思っている場合ではありません。
どのペットを家に迎えてあげたいか?
対応の悪いペットショップに引っかからないよう注意しましょう。

飼い始めてから気を付けること

飼い始めてから注意したいことといえばどんなことでしょう。
まず犬や猫であればしつけが必要ですよね。
犬は芸を覚えますから、物を投げると取ってきたり、お手やお座りなども覚えさせると良いですね。
ですが基本は「トイレ」や「エサ」「寝る場所」などの生活スペースに関してしつけをしていきます。
こういったしつけはなぜ必要なのか?

ベッドに上っておしっこをしたり、物を壊す、餌をばらまく、そんな悪さはしょっちゅうあるからです。
子供と同じように「教育」をして、覚えられることは飼い主として覚えさせてあげることが必要です。

また、万が一のためにかかりつけの病院を持っておくことも大切です。
全国には何万人もの獣医師さんがいます。
ペットを飼う以上病気にならなくても、病院は利用します。

公式な保険などがありませんから、病院選びは重要です。
避妊手術や予防接種なども動物病院によって、方法が異なっていたり費用が違っていたり。
あなたのペットに合った病院を選び、あなたが信頼できる獣医師さんと出会っておく必要があるのです。

>>飼い主に必要な心構え
飼い主が持つべき心構えとは

>>ペットショップの選び方
良いペットショップを選びたい

>>しつけの必要性
しつけは本当に必要なのか

>>ネット購入の是非
ネット購入は賛否両論

>>かかりつけの病院をつくる
かかりつけの病院を持っておこう