記事を読む

犬や猫に与えてはいけない食べ物とは!?

ワンちゃん、ネコちゃんなどみなさんがペットを飼う時、当然その動物を飼うための知識が必要です。
その中でもワンちゃん、ネコちゃんにどのような食べ物を与えていいか、いけないのかという判断はとても大事です。
このような知識は決して経験から学ぶことではなく最初から知らなければならないことなのです。

基本のご飯はドッグフード、キャットフード

ワンちゃん、ネコちゃんのご飯はドッグフード、キャットフードに任せておくのが一番便利で都合がいいです。
しかし、可愛いペットですから、時には豪華で美味しい食べ物を与えたい気分にもなるものです。
しかし、例えばワンちゃんに与えてはならない食べ物があります。

ワンちゃんにはこの食べ物はNG

ワンちゃんには玉ねぎが駄目と言われています。
玉ねぎには、アリルプロピルジスルファイドという成分が含まれて、赤血球を壊して行ってしまうため、安易にワンちゃんに玉ねぎを与えると最悪死んでしまう可能性があります。

実際に煮たり焼いたりすれば何ら問題なしと思っている人たちも多いようです。
それもNGで、ある家庭では玉ねぎの入っているすき焼きのお肉だけを与えたと言うのに、お肉に玉ねぎのエキスが染みこんで発症したというケースがある程なのです。

ワンちゃんには、長ネギ、ニンニクやニラなどもかなり警戒しなければならない食べ物なのです。
更に追求すれば、チョコレートをはじめとした菓子類などに含まれるカカオとキシリトール、そしてアボカドもアウトです。

カカオにはテオブロミンという成分が毒素へと変化します。
ビターチョコにはかなり配慮が必要です。

アボカドの場合は、ペルジンという成分によって胃の粘膜を刺激して、嘔吐や胃の炎症が起こる可能性があります。
キシリトールはワンちゃんの血糖値を低下させてしまうことになります。

ネコちゃんの食べては駄目な食べ物

次はネコちゃんが食べては駄目という食べ物は何かというお話しをします。
ワンちゃんもネコちゃんも、玉ねぎはNGだったのです。

そして、更にネコちゃんは、サザエやアワビ、トリガイなど貝は控えてください。
貝に含まれている毒素で「光線過敏症」のリスクが高まると言われています。

腫れ、かゆみが起こり、壊死の可能性も出て来ます。
貝はネコちゃんの耳の危機をもたらすようです。

そして更に言えば、イカ、たこ、カニ 、海老、イワシ、鯖と言った海鮮ものもNG、極力控えてください。
チアミナーゼがビタミンB1を分解してビタミンB1欠乏症にかかってしまう可能性があります。

イワシ、鯖は、不飽和脂肪酸によって、黄色脂肪症の原因を作るといいます。
しかし少量なら問題はないですが。
実際にネコちゃんが一口食べてすぐにおかしくなるということもないかもしれませんが、ネコちゃんを愛しているのならもちろんどれも配慮しなければならない問題です。