記事を読む

ドッグアジリティって知ってる?

ドッグアジリティーを知っていますか?

ドッグアジリティーという言葉を聞いたことがありますか?最近ではテレビなどで度々紹介されるようになってきましたので徐々に知名度が上がってきていますが、まだまだマイナーな競技になっております。
アジリティーとは、人間と犬が一緒に楽しむ事が出来るスポーツです。
このアジリティーというスポーツは、イギリスが発祥のスポーツで、日本には1990年代に初めて持ち込まれたスポーツになっております。
飼い主と犬の絆を深めてくれたり、犬が元々持っている力を発揮させる事ができる競技として広く親しまれております。

ドッグアジリティーとはどのような競技なのか

ドッグアジリティーはどのような競技なのかというと、犬と人間がペアになって、障害物が複数設置されたコースを走り抜け、そのタイムで競う競技です。
ペアになっている飼い主さんはハンドラーと呼ばれ一緒に競技に参加します。
ハンドラーは愛犬に指示を出して複数ある障害物を決められた順番で進んで行きます。

障害物を拒絶してしまった場合には、先に進めはしますが、減点の対象となってしまいます。
いかに速いタイムでしっかりと障害物をクリアできたを競う競技となっております。

全長は100メートルから200メートルもあるので飼い主さんも大変です。
犬と同じ時間を一緒になって駆け抜ける事ができるので。
飼い主と犬の間に一体感が生まれ、より絆を固くしてくれるのです。

ドッグアジリティーに参加するために

ドッグアジリティーは雑種でも参加する事ができます。
また、参加する競技は、犬の体高によってスモール、ミディアム、ラージの三つのクラスに別れますし、レースの難易度や障害の種類や数など細かく分かれておりますので、ドッグアジリティーを初めて参加したという方でも優勝を狙う事ができます。

ドッグアジリティーで優勝するために

ドッグアジリティーには沢山の犬が参加しております。
エントリーされるクラスによって参加できる犬種は異なりますが、優勝を目指すためには一定の資質が必要になります。
一般的にドッグアジリティーで優勝するためには、しっかりと飼い主の指示を聞く事ができる事、飼い主の言っている事を理解するスピードが速い事、障害物を怖がらない事、早く走る事が出来るなどの条件が重要になってきます。

また練習も沢山しますので、運動が好きな犬も優勝する条件に挙げられます。
逆にドッグアジリティーに向かないのは、椎間板ヘルニアになりやすい犬種や股関節形成不全を患ってる大型犬、心疾患を患っている犬などはドッグアジリティーには向きません。
どうしても運動量が必要になってくる競技ですので運動が苦手であったり、運動が出来ない犬種は向きません。