記事を読む

飼いやすい犬の種類は?

ワンちゃんにはいろいろ種類があって、本当にどの犬を飼っていいかほとんどの人たちが迷っているのではないでしょうか。
おそらく考えてもなかなか答えは出て来ないので、ここでその答えをちょっとだけお教えしましょう。

初心者、単身者、ファミリーなどなどもちろん、ワンちゃんの飼いやすさと言うものは、飼い主さんの状況によってかなり違って来るものです。
初心者の人たちは、賢いワンちゃんがいいと思ってしまうかもしれません。
ただし、賢いワンちゃんは、しつけがしやすいというメリットはありますが、人間より立場が上と考える傾向があります。

初心者の人たちにとって、かなり飼いづらいと感じてしまうことが多くきっと出て来ます。
シェパードやドーベルマンなどの大型犬はそのような傾向が強く、初心者の人たちには、あまり向かない犬とされています。

トイプードル

可愛くて大人気なのがトイプードルです。
賢くて、しつけがしやすいのもトイプードルの魅力のひとつです。
もうちょっとトイプードルの性格についてお話ししましょう。

トイプードルは甘えん坊の性格であり、反抗する時期には、ちょっと手を焼いてしまうシーンもあるようです。
繊細な一面もあり、飼い主さんが怒れば、飼い主さんを怖がってしまうこともありますので多少注意が必要です。

一貫した態度で叱り、思いきり褒める機会も同時に見付けるようにしてください。
トイプードルのように一般的には小さなワンちゃんは甘えん坊のケースが多くあります。
飼い主や家族の後をずっとついて回るなどは甘えの現れなので、ワンちゃんを一人にする時間を作り、それが出来たら思いきり褒めてあげるなどしてしつけを行ってみてください。

シーズー

シーズーも飼いたいランキングでトップにあがるワンちゃんです。
大型のワンちゃんよりは、やっぱり初心者は小型犬でしょうか。
室内で飼うにも少ないスペースが済ますことが出来ます。

シーズーは、活発なワンちゃんで、同時に穏やかさをもっています。
飼い主さんがシーズーを愛せば、しっかり答えてくれます。

キャバリア

耳が長く垂れているキャバリアも大人気のワンちゃんです。
元気で、優しくて穏やか、そして、かなり社交的なワンちゃんとも言われています。
家で飼うのにかなり理想的な犬と言われています。

ミニチュア・シュナウザー

特徴的なヒゲが愛らしいミニチュア・シュナウザーです。
ドイツ語で口ひげを表す「シュナウツ」に名前が由来しています。

賢いワンちゃんで好奇心が旺盛です。
3歳の人間の子どもと同じくらいの知能を持っているとも言われています。
家族には、人なつっこくしたりしてくれるのですが、知らない人には、あまり興味を示してくれなかったりします。

口ひげは食事の際に汚れるので、皮膚病になってしまう可能性がありますので、放置せず吹いてあげたりしてください。
孤独に弱く、一人にストレスを感じたりするので、出来るだけ側にいるようにしてあげてください。