記事を読む

あると便利!迷子札・ICチップとは

ペットを飼育するなら迷子札とICチップは必須です

これから犬を飼育するなら迷子札とICチップは絶対に利用するようにしてください。
迷子札やICチップが無いと、迷子になった時に保健所に連れてかれてしまい最悪の場合には殺処分されてしまう可能性があります。
普段はしっかりとリードを付けていても、首輪やハーネスが破損してしまったり、家の玄関から宅急便を受け取る時に外に出てしまったりなど想像できないようなトラブルが起こる可能性も十分にあります。
万が一のリスクに備える事はとても重要な事です。

あると便利な犬の迷子札

犬の迷子札は、犬の首輪などに取り付ける名前や愛犬の名前や飼い主の連絡先などが書かれた物です。
迷子犬を保護した方が、捨て犬ではない事を理解してくれると同時に、直ぐに飼い主さんに連絡する事ができますので保健所に連れていかれたり、殺処分などを免れる事ができます。
オシャレな物も沢山でており、ネットなどで気軽に注文できる物が沢山ありますのでかなりおすすめです。

注意して欲しいポイントとしては、犬にとっては邪魔になる可能性が高いと言う事です。
特に小型犬の場合には邪魔になってしまう可能性がありますので大きさや重さには一定の配慮が必要になります。

ICチップは安全性が高い

迷子札と同様に必要になってくるのがICチップです。
このICチップがどのような物なのかというと、長さ1センチ、直径0.2センチ程度の小さな円筒形をした電子タグです。
これを注射器で犬の体内に埋め込む事によって、迷子になった時などに専用のリーダーなどによって読み取る事によって犬の個体情報を呼び出す事ができるのです。

実はこのICチップは、犬よりも前に牛や豚などの家畜で使用されていたという実績がありますので、危険な物ではありません。
確かに体内に埋め込むので不安視される方も多いとは思いますが、ICチップを埋め込んだ際に起こる動物への障害の確率はほぼゼロだと言えます。
動物に使用するICチップは生体適合ガラスや生体適合ポリマーなどで作られておりますので拒否反応は起こりません。

ICチップが有名になったのはあの大震災がきっかけ

犬にICチップを入れる事が有名になったのは、あの沢山の被害者を出した東日本大震災です。
震災時には家が流されてしまってペットと離ればなれになってしまった方が多く、ペットが死んでしまったのか、どこかに保護されているのか分からない状況の方が大勢いました。
そんな時にICチップが埋め込まれていれば、保護されたらすぐに連絡を受ける事ができます。

もちろん迷子札があれば必要ないという考えの方も多いのですが、震災時でなくとも迷子札が外れてしまう可能性は少なくありません。
迷子札とICチップの両方を装着する事で、迷子になった時に保護してもらえる可能性が高くなっているのです。