記事を読む

猫はお風呂に入れた方がいいの?

ネコちゃんの疑問はすっきりここで解決しましょう。

ネコちゃんにお風呂は本当に必要?

おウチで飼うネコちゃんは、やっぱり綺麗でいて欲しいものではす。
しかし、ネコちゃんをお風呂に入れようとして、散々抵抗されて痛い目にあった経験をお持ちの方も結構多くいらっしゃるようです。

実際にネコちゃんがお風呂は大丈夫という場合もありますが、ほとんどのネコちゃんって、お風呂が大嫌いのようです。
お風呂が嫌いと言うよりもネコちゃんは、身体が濡れるということをひどく嫌っているようです。

その理由を深く追求して行けば、ネコちゃんの祖先であるリビアネコに影響していると言われています。
リビアネコの遺伝子をネコちゃんは引き継ぎ、リビアネコがもともと生息していたのは、気温差が非常に激しい砂漠地帯と言われています。

もしも、身体に水分がついていると、放射家冷却によって体温がどんどん奪われて行くことになります。
ネコちゃんが、水を嫌うというのは、もともとの防衛本能によるもと考えることが出来ます。
しかし、それは何千年も前の話しであり、現在私達の家にいる、ネコちゃんをそのままお風呂へいれず放置しておいていいものでしょうか。

ネコちゃんには自分で自分の身体を綺麗にする機能が備わっている?

人間から見れば、非常に不思議と思ってしまうのかもしれませんが、ネコちゃんには、もともと自分の身体を綺麗にすることが出来る機能が備わっているとも言います。
人間も、そんな機能が備わっていればいいのですが。

ネコちゃんは、もともと体臭が、全然少ない動物です。
そして、機能という話しをすれば、既に良く知っている毛づくろいがそれになります。

いつもネコちゃんは、自分の身体を綺麗にしようとペロペロとなめているのですが、そこで被毛のお手入れを(セルフグルーミング)一生懸命していたりするのです。
あんなに一生懸命毛づくろいをしているから、ネコちゃんは、驚くほどいつも清潔な身体を維持出来ているのです。
つまりみなさんは無理をしてまでネコちゃんをお風呂に入れる必要などないということになります。

しかしやっぱり不安

とは言うものの、ネコちゃんをお風呂に入れないこと自体に不安を感じている人たちも多くいます。
そして、ネコちゃんは、避妊や去勢手術をしていない場合、発情期になるとマーキングをすることがあります。
スプレーと呼ばれる行為で、通常の尿よりも臭いが強く、繰り返されると人間にとってはつらいものです。

こんな時も綺麗にしてあげたいという思いは自然に起こって来るものかもしれません。
しかしネコちゃんは、無理してお風呂に入れてもなかなか慣れてはくれないのです。

まずネコちゃんをお風呂になんとしても入れると言う時は、ネコちゃんの爪の手入れをしっかり行っておきましょう。
猫専用のシャンプーを使用するのも鉄則です。
普通のシャンプーではネコちゃんには脱脂が強すぎて皮膚に炎症が起こる可能性があります。