記事を読む

うさぎの競技「ラビットホッピング」とは

ラビットホッピングって何かをご存じでしょうか。
それはうさぎのジャンプを 競う競技です。

うさぎファンの人たちにはたまらないイベントが開催されています。
しかしまだまだそれ程認知度がないでしょうか。
ここではラビットホッピングについて詳しく解説します。

ラビットホッピングって何?

1970年代の後半よりじわりじわりとラビットホッピングの人気があがって来ました。
ラビットホッピングの発祥は、スウェーデンです。

ラビットアジリティという呼ばれ方もします。
馬術競技を模範とされています。
もちろんうさぎに適した規準ということになりますが。

スウェーデンからイギリスに浸透し、ヨーロッパから、現在はアメリカでも認知度のある競技です。
ラビットホッピングの発想は、ペットとより深く親交を深めるためのものであり、ラビットホッピングを通してうさぎの運動能力を高めることも出来ます。

ラビットホッピングはどのような競技なのか

ラビットホッピングには、ハードルなどの障害物を超える競争や、ハイジャンプ、ロングジャンプなどいろいろな競技があります。
ラビットホッピングは、飼い主さんと一緒にスポーツを楽しむことを目的としています。

一緒にトレーニングすることで、うさぎをしつけると言うことにも役立たせることが出来ます。
うさぎくんの一番自慢の能力、飛ぶ、跳ねるという力より、飼い主さんとのコミュニケーションを深めていただきたいです。

ラビットホッピングのルールは

そして次にお話しするのはラビットホッピングのルールです。
海外で多少ルールの違いがあります。
日本の場合、うさぎが障害物のハードルを飛び越え、バーを落とさず飼い主さんと一緒にゴールする速さを競っていきます。

コースを往復するように2本走り、合計タイムによって順位が決定されて行きます。
バーを1回落とせば、ペナルティがあり、秒数が加算されていきます。
更に制限時間があり、バーの数、高さなどを変更し、ラビットホッピングの難易度を変えて行くことが出来ます。

ラビットホッピングに勝つために

ラビットホッピングに勝つため、どのようなトレーニングが有効的なのでしょうか。
うさぎくんに嫌々トレーニングをしても期待出来る成長はありませんので、オヤツなど御褒美を与えながら、自発的に行うようにし向けてあげてください。
一般的には、クリッカーという道具を使い、カチカチという音をさせて、それを合図にうさぎが走り、うさぎが鼻でタッチすれば、ご褒美が貰えるプロセスで行って行きます。

うさぎくんには、そもそも運動欲求というものが存在している訳ですからラビットホッピングのトレーニングによって、そのような欲求を満たしてあげることが出来ます。
飼い主さんもうさぎくんを強要せず、根気よく見守ってあげましょう。