記事を読む

ワクチン接種の重要

犬や猫の飼育にはワクチンは必須

犬や猫を飼育する場合には、病気にならないようにワクチンなどの予防接種は必須になります。
特に犬の場合には狂犬病予防法という物がある為、狂犬病のワクチンの予防接種は毎年一回のペースで受ける事が義務付けられております。
色々な種類のワクチンがあり、犬や猫とでは内容が様々ですし、ワクチンも必須なのか、しておいた方が良いのかによっても違ってきます。

またワクチンを摂取した事によって逆に体調を壊してしまったという例もありますので、ワクチンの摂取をする場合には、ワクチンについて詳しく知る必要があるのです。

ワクチンがなぜ必要なのか

ワクチンはなぜ必要なのかと言うと、生命の危機まで発展するような恐ろしい病気にかからなくなるようにするためです。
犬や猫は生まれた当初はお母さんの母乳を飲んで育てます。
母乳には色々な病気の免疫が含まれておりますので母乳を飲んでいる期間は恐ろしい病原菌から身を守ってくれています。

しかし、母乳を飲まずに離乳食などを食べるようになると母親からの恩恵が受けられなくなり、病気にかかりやすい状態になってしまいます。
母乳によって得る事が出来なくなった免疫力を補うために注射するのがワクチンの予防接種なのです。

犬のコアワクチン

ワクチンには必ず打たなければいけないコアワクチンという物があります。
コアワクチンを接種する事によって、高熱で全身が痙攣し昏睡状態となり死亡してしまう狂犬病やけいれんや震えなどの神経症状を引き起こしおよそ感染すると九割の犬が死んでしまう犬ジステンパー、嘔吐や血便、激しい下痢などを起こす犬パルボウイルス感染症、頭部に水が溜まってしまったり、嘔吐や下痢、41度以上の高熱が出て突然死してしまう犬伝染肝炎などの致死率の高い恐ろしい病気から身を守ることができます。

ワクチンの副作用

ワクチンには副作用が必ずあります。
それはワクチンが元々のワクチンの死骸から作った物や、病原性の無い病原体などから作られたという経緯があるからです。
その為、身体に負担がかかってしまい、時には免疫を作る前に発熱したり、嘔吐してしまう場合もあります。

副作用がひどい場合には、アナフィラキシーショックを起こして命を落としてしまうケースもあります。
ワクチンを接種た後は、なるべく安静にして過ごせるように配慮する必要があります。

かなり体力を落としてしまっておりますし、体内で病原体と対決している最中でもあります。
そういった状態で激しい運動を起こしてしまったら、当たり前のように体調を壊してしまいます。
犬や猫では自分の体調管理はできませんので、ワクチン接種後は飼い主が気を使ってあげる必要があります。