記事を読む

犬のマーキングトレーニング

飼い犬によるマーキングトラブルの特徴

マーキングをすることは犬にとっては必要なことです。
コミュニケーションの一つですので、家の中のいろいろなところでされてしまうと飼い主の方には大きな問題になってしまいます。

犬にとっての本能行動ですので、マーキングをコントロールすることは非常に難しいことですが、出来るだけトラブルにならないように工夫することはできます。
マーキングによって自分の存在をアピールすることを犬はします。

犬がするおしっこには色々な情報が含まれていますので、マーキングをすることによって自分の存在を他の犬に示すことができるようになります。
基本的にオスの犬がする行動パターンですが、メスの犬が発情期にするというケースも考えられます。

家の中でのマーキング

マーキングは基本的に屋外でするものですが、自宅内でマーキングされてしまうと後始末が大変です。
どのような時にマーキングをするかというと、新しい同居人が家にやってきたときや、家具などがやってきたとき、ストレスを抱えている場合にはマーキング行動をしてしまいます。

マーキングをしてしまうとそれは本能行動ですので、やめさせるのは大変ですが、マーキングしそうな場所に犬が近寄らなくするという方法がお勧めです。
また、病気などが理由で急にマーキングをするようになってしまうこともあります。

これまでとは違って、頻繁にマーキングをしてしまう場合には、動物病院で診察を受けることも必要です。
ペット用のトイレでのみマーキングをする用にするためのグッズもペットショップには売られていますので、それを購入してみてもいいでしょう。
外出する際には、ペット用のおむつを装着すれば、外出先の友人の自宅でマーキングをしてしまっても安心です。

家の中でのマーキング

マーキングを屋外でしてしまう場合には、外出の前にペットにおしっこを済ませてもらうようにするといいでしょう。
外出時はできるだけ決まった場所でおしっこをするように習慣づけておくといいでしょう。

小出しにおしっこをさせることは避けてできるだけまとめてしてもらうようにすることもおすすめです。
万が一公共の場所でマーキングをされてしまったら、水をかけてきちんと後始末をするようにすることも必要です。

マーキングをできるだけ予防することは工夫すれば可能になります。
マナーを身に付けることは犬にとっても飼い主にとっても非常に重要なことですので、気長に訓練をしてみるようにするといいでしょう。

時間をかけて取り組めば、段々と効果を実感することができるはずです。
トレーニングを通じて飼い主は犬と接する時間が増えますので、それも楽しい物になることでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です