記事を読む

老犬が喜ぶマッサージ方法

老犬のマッサージケア

自分の飼っている愛犬は若いうちにはマッサージの必要はありませんが、老犬になってきたら、健康を維持するためにマッサージが必要になります。
マッサージをすることによって、老犬のQOLをアップさせることが出来るようになります。

なぜならば、老犬になってしまうと関節が硬くなってしまいます。
そのままの状態にすると関節がだんだんと動かなくなってしまいますので、快適な生活を老犬が送れなくなってしまいます。
老犬は自分自身で関節のマッサージをすることはできませんので代わりに飼い主がマッサージをしてあげなくてはなりません。

犬の関節が固まってきたら、優しくマッサージをしてあげるようにするといいでしょう。
また、カイロなどで間接部分を温めることも必要です。

温めることによって血行が良くなると関節を柔らかくすることができます。
犬を散歩に連れて行くときには、関節をマッサージしてから連れていくとスムーズに歩くことが出来る用になります。
散歩によって十分に筋肉を動かした後には今度は関節をクールダウンすることも必要です。

マッサージの効能

マッサージをすることによって体の疲れを愛犬が取ることができますので、ストレス解消効果も期待できます。
ストレスフリーの状態になるとホルモンバランスが改善されますので、関節が硬くなるのを防ぐ効果を期待できるようになります。

更には、免疫系が活性化しますので、病気になりにくい健康的な身体を犬が手にすることもできます。
また、老化防止効果も期待することができますので、若々しさをキープすることが出来るようになるはずです。

愛犬を常にマッサージすると体の異変に気が付きやすくなりますので病気の早期発見につながります。
癌などは早期発見すると悪化を防ぐことが出来るようになります。

マッサージをする場合には、犬にダメージを与えることを防ぐ意味で爪を切ることがお勧めです。
手を清潔にして、冷たい手でマッサージをすることは避けなくてはなりません。犬が嫌がる時には無理にマッサージをすることは避けなくてはなりません。
ストレスを与える結果になってしまいます。

マッサージのコツ

愛犬にマッサージをする場合には軽くすることが必要です。
あまりにも強い力でマッサージをすると骨折の可能性が出て来ます。
指圧の様な感じで軽くマッサージするといいでしょう。

揉んでみたり、つまんでみたり、さすってみてもいいでしょう。
できるだけ毎日マッサージをするようにするといいでしょう。

マッサージをする時間は10分程度で十分です。
ただし、犬が食事をする前後1時間は消化不良の原因になってしまいますのでマッサージをすることは避けたほうがいいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です