記事を読む

犬がため息をするのはどんな時?

犬もため息をつく

自分が飼っている犬がため息をついているのを見ると、犬もそんなことをすることがあるのかと驚くかもしれません。
驚いてばかりいても仕方ありませんので、犬がため息をつく理由を考えて、犬に対して飼い主として優しく接することを考えなくてはなりません。

犬がため息をつくのは一般的にワンクッションおく意味があると言われています。
また、意犬が付く溜息にはポジティブなものとネガティブなものが存在しています。

犬がするポジティブなため息

リラックスした状態でつくため息はポジティブな意味をもっています。
大きな満足を感じながらのため息になりますので、犬は幸せを感じているはずです。

お腹いっぱいになって眠くなった時などはこのようはタイプのため息をしばしばつくことになります。
自分自身が満足していても、自分の置かれた環境が緊張感にあふれているのであれば、犬は簡単にはため息をつくことはないはずです。
すべての面でハッピーという時には犬は筋肉を緩めてため息をつくことになるはずです。

犬がするネガティブなため息

犬が疲れていたり、ストレスを感じている時には、人間と同じようにため息をつきます。
嫌なことを体験して、その環境を不遇に感じているのであれば、ため息をつくはずです。

期待していたことが自分の思う通りにならなくて、がっかりした場合には自然にため息がでてしまうことでしょう。
このようなタイプのため息を犬が付く場合には気持ちの切り替えを考えている時ですので、このような場合には飼い主さんも優しく接してあげて、気持ちの切り替えが進むようにしてあげるといいでしょう。

体の調子が悪くてため息をつくという場合もあります。
ストレスを感じている場合でない時に犬がしばしばため息をつくのであれば、犬を動物病院に連れて行ってあげてもいいでしょう。
病気を悪化させてしまわないことを考えるのであれば、迅速な対応が必要です。

犬がするしたたかなため息

いろいろなことを学習することによって、犬がしたたかなため息をつくことも考えられます。
何かをおねだりする意味でわざと犬がため息をついてみるということもあります。

あまり甘やかすのはもちろんよくありませんが、犬が飼い主にあまえていることになりますので、愛情を持ってしたたかなため息に対応してあげるようにするといいでしょう。
また、犬が何を飼い主に要求しているのかをしっかりと把握してあげるようにすることも必要です。

常に犬との暖かい交流を日ごろから行っていれば、人間と接するようにスムーズな対処をすることもできるはずです。
家族の一員として犬と生活をしているという幸せを実感することが出来るようになるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です