記事を読む

犬のくしゃみをするのはどんな時?

犬の行う逆くしゃみについて

自分の愛犬が急に連続して息をのみ込む様子を見たことがあるでしょうか?
このような仕草は逆くしゃみと一般的に言われています。
不思議な様子ですので初めて直面すると多くの飼い主さんが驚くのではないでしょうか?

逆くしゃみは呼気性の発作性呼吸と呼ばれています。
この逆くしゃみはいろいろな犬種で観察されるのですが、多くの場合若いうちから発作がみられます。
発作はある年齢になって急に現れてくることもあります。

逆くしゃみは、日常的な生活の中で急に現れてきます。
その症状は1分以内に収まります。
逆くしゃみをしている間は犬は少し苦しそうな様子を見せますが、症状が治まってしまえば、何事もなかったようになります。
はたから見ると非常に苦しそうですが、犬にとってはそれほど苦しい物ではないようです。

逆くしゃみは犬の生命にかかわるものではありませんので、特に治療が必要になるということはありません。
人間でいうとしゃっくりみたいなものと考えておけばいいのではないでしょうか?

他の病気の可能性

逆くしゃみは犬にとってそれほどの重大事ではありませんが、他の病気が原因で逆くしゃみのような症状を引き起こすことが考えられます。
自分の愛犬の症状が本当に逆くしゃみであるかどうかは一度確認のために動物病院で診察してもらうようにするといいでしょう。
病院で逆くしゃみを犬がしてくれるかどうかわかりませんので、犬の症状の動画を撮影しておいてそれを動物病院の先生に診てもらうようにするといいでしょう。

呼吸器の異常によって逆くしゃみと同様の症状を犬がしてしまうということも考えられます。
迅速な対応をしないと命に係わる可能性もでてきますので要注意です。

逆くしゃみへの対処法

犬が逆くしゃみをしている時には数分でその症状がおさまりますので、特に何かをする必要はないのです。
出来るだけ早くその症状を完了させるためには、鼻に息を吹きかけてみたり、鼻先に軽く手を当てながら、喉元や胸を撫でるようにすると症状が速く収まるようになるかもしれません。

犬が嫌がるようであれば、無理にすることもありません。症状が回復するのを優しく待つようにするといいでしょう。
愛情のこもった対応をしてあげると犬がリラックスできるのではないでしょうか?

まとめ

愛犬の逆くしゃみは、一見犬にとって非常に苦しそうにみえるものですが、特に苦しいものではありませんし、生命の危険となるものでもありません。
ただ静観して症状が回復することを待つだけでいいのですが、場合によっては他の病気の可能性も考えられますので、一度動物病院でその点についてはしっかりと確認しておくことが求められます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です