記事を読む

フェレット

フェレットはこんな動物

フェレットは、イタチ科の哺乳動物です。
細くてしなやかな身体と可愛らしい短い足を持っている小動物です。

フェレットは固体によってかなりサイズ感に幅があり、小さい個体ですと体重は1キロに満たない程度で、体長も30センチ程度ですが、大きな個体になると体重は2キロを超え、体長も50センチにもなります。
寿命は生活環境や食事などによって大きく左右されますが、6年から10年程度になっております。
イタチの仲間と言う事でフェレットも例外ではなく、夜行性となっております。

フェレットの性質

飼育する場合には、フェレットが済みやすい環境を作る事が重要になります。
フェレットは外気の変化があまり得意ではありません。
フェレットが生活しやすいと言われている温度は15度から23度となっております。

その為、フェレットのいる部屋はエアコンなどでしっかりと管理する必要があります。
特に夏場は網戸にしていても気温が高くなってしまう傾向にありますので、日中はエアコンを使用するようにしてください。

また、フェレットは犬や猫と違い、一日20時間近くも眠っている動物です。
基本的には食事とおトイレの時以外は眠っているような性質の動物です。
そのため、少し退屈に思える方も多いのですが、日中仕事がフルタイムの方でしたら、お仕事中にしっかりと寝ていて寂しがることが少ないフェレットは向いていると言えます。

フェレットは賢い動物

フェレットは、かなり賢い動物で、食事や飲み水などはもちろん、ベッドやトイレなどの最低限のしつけはそつなくこなしてくれます。
また、個体差も有りますが芸などを覚えるフェレットもいて、お手や回転などスタンダードな物から、銃で撃たれて倒れるようなしぐさを見せるフェレットもいます。
また、毎日話しかけたり名前を呼ぶようにすると自分の名前を自覚して、名前を呼ばれたら飼い主の方に来てくれたりします。

フェレットにかかる費用

フェレットを向かい入れるには何かとお金が必要になります。
フェレット本人の料金の他に、去勢や避妊手術の料金、フェレットが汚れてしまった時に入るお風呂の時に使用するシャンプーやリンス、室内で飼育する為のケージ、移動用のケージなども必用になります。
他にもフェレットようの餌であったり、餌やお水を入れるお皿、フェレット用のトイレなども必用になります。

フェレットの中にはアレルギーを持っている個体もいますのでアレルゲン対策の餌だと少々お値段が高くなります。
他にもワクチンなどの予防接種代金だったり、病院代なども必用になります。
また急な病気の時には病院代などもかかってきますので、ある程度の金銭的な余裕がないと飼育が難しいと思います。