記事を読む

モルモットの紹介

モルモットの特徴

モルモットは多くの家庭でペットとして飼育されています。
非常に穏やかな性格で大人しいので愛らしい魅力を持っているからであると考えられています。

室外で飼育することもできますが、温度管理が必要ですので、室内で飼育されることが多い動物です。
20-27度が飼育に適した温度であると考えられています。
モルモットは警戒心が強い動物ですが、ひとたび心を開いてくれれば、家族の様に接することも可能です。

モルモットを飼うにはケージが必要です。
高さは40センチ、幅60センチほどのケージを用意して、ゆったりとモルモットがケージの中で生活できるようにするといいでしょう。

モルモットは非常にたくさんの排泄物をしますので、掃除が容易なタイプのケージをペットショップで購入することがお勧めです。
きれいにしておかないとモルモットは嫌がりますので、欠かさず掃除をする習慣を身に付けておくことも必要です。

モルモットの餌

モルモットには朝晩2回毎日餌を与えることが必要です。
牧草、モルモット用のペレット、野菜をバランスよく与えることが必要です。
ねぎ類、アボガド、チョコレート、コーヒーをモルモットに与えてしまうと場合によっては死んでしまうこともありますので要注意です。

また、モルモットはビタミンCを自分で作ることはできませんので、ビタミンCを多く含む野菜を餌として与えるようにするべきです。
水分の多い野菜をモルモットに与えてしまうと下痢をすることがありますので、注意が必要です。

モルモットのケージに必要なもの

モルモットのケージ内にはモルモットの巣箱を用意することが必要です。
食器と吸水ボトルを用意することも忘れないようにしなくてはなりません。
モルモットがケージ内でストレスをためないようにおもちゃを購入してみてもいいでしょう。

モルモットの匂い対策

モルモットは飼育していると独特の匂いを発生します。
一般の消臭剤ですと完全にモルモットの匂いを消すことができませんので、モルモットの匂いの素を完全に分解してしまうタイプの消臭剤を利用するようにするといいでしょう。

モルモットをなつかせる

モルモットは警戒心が強い動物ですので、飼い始めのころは飼い主によって来ないこともしばしばです。
モルモットが持っている警戒心を解消することを考えてモルモットに接することを心がけるようにするといいでしょう。

焦らずにゆっくりとモルモットの気持ちを自分に向かせるようにすることが肝要です。
例えば2-3週間の間隔で継続してモルモットに接するようにするといいでしょう。自分の方に気持ちが向いてしまえば、毎日モルモットと楽しい時間を過ごすことが出来るようになることでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です