記事を読む

カワウソの紹介

ペットとして飼うことができるカワウソの人気が高まっている

ペットとして飼うことができる動物はたくさんいますが、日本で人気が高まっているのがカワウソです。
小型犬くらいの大きさですし、知能が高く賢い動物ですので、ある程度の芸を覚えることもできます。
また、愛くるしい見た目も人気の理由でテレビなどで見てファンになり、自分でも飼ってみようと思う人が多くなっているのです。

日本においてはコツメカワウソという種類のカワウソが飼われることが多く見られます。
名前からも分かるように爪が小さめで、物や人を爪で傷つけることがないのがうれしいところです。
また、小さめの体ですので飼いやすいというのも大きな理由でしょう。

カワウソは日本においてはかなり生息数が少なくなっている貴重な動物ですし、種によっては保護されていますのでどんな種でも飼えるというわけではありません。
保護種となっていて一般の飼育が禁止されているものもありますので、事前にしっかりと飼えるものと禁止されているものを調べてください。
中には禁止動物を紹介してくるブローカーもいて、保護種のカワウソを販売しようとする人もいますので、むやみに信用して購入するのではなく、自分でもしっかりと考えるようにしましょう。

飼育環境はしっかりと準備することが大事

カワウソは飼育環境をしっかりと準備しないといけない動物ですので、飼う前にきちんと調べること、そして果たして自分で飼えるのかどうかを考えるようにしましょう。
まずケージを準備しますが、犬や猫用のものでも構わないので広めのサイズを準備しましょう。
カワウソは体重が4キロから6キロくらい、体高は40センチくらいと小さめの犬くらいのサイズですので、それほど飼育スペースが取られないというのがうれしいところです。

カワウソは賢く、きちんとしつければトイレの場所をしっかりと覚えます。
そのため、ケージの中にプレスチック製のトイレを置いたり、マットを敷いたりしてトイレの場所を決めるようにしましょう。

カワウソは水辺で生活する動物ですので、毎日水で遊んであげることが必要となります。
ケージとは別に大きなプールのようなものを準備してあげて、しっかりと水遊びができる環境を用意しなければなりません。
しかし、ケージ自体は濡れるのをいやがりますので、干し草などの乾いたものを敷いてあげて、居心地よくしてあげる工夫が必要となります。

水産物を餌に加える

カワウソは色々なものを食べることができますので、食事にはキャットフードやフェレット用のフードを用いることができます。
また、貝や魚などの魚介類が大好きですので、毎日フードに混ぜてあげるようにしましょう。