記事を読む

キャットタワーの特徴と種類

愛猫の運動と遊びのためにキャットタワーを設置しよう!

猫は常にたくさんの運動を必要とする生き物で、走り回ってストレスを発散します。
しかし、アパートやマンションで猫を飼っている人も多くなっていますので、猫が運動できるだけの十分なスペースを室内に取れないというケースも増えています。
そこで役に立つのがキャットタワーです。

キャットタワーとは、縦に伸びた軸に棚や袋、階段のようなものがついていて、猫がその上に乗ったり走ったり飛んだりして運動できるものです。
猫の本能的な習性に訴えるものがありますので、キャットタワーがあるとすぐに遊び始め、本当に気に入ってくれます。
運動不足解消にもなりますし、それほど大がかりなものでもないので、ぜひとも猫を飼っている人にはおすすめしたいグッズです。

据え置き型キャットタワーのメリットとデメリット

キャットタワーにもいくつか種類があり、まず据え置きタイプがあります。
これは購入して組み立てた後は置くだけというとても楽なタイプです。
固定されていませんので、どこにでもすぐに移動できて、必要に応じて猫の遊び場所を変えられるというメリットがあります。

一方で、きちんと固定されていないため、猫が複数で激しく遊んでいると倒れてしまうリスクが多少なりともあります。
また、地震の際などに転倒することがありますので、安全上心配な要素もあると言えるでしょう。

突っ張り型のキャットタワーのメリット・デメリット

こうした据え置き型の弱点を解消してくれるのが突っ張り型のキャットタワーです。
これは突っ張り棒と同じ方法で、床から天井まで軸が通っていて、その支える力で固定するというものです。
地震が来ても安心ですし、猫が上の方で激しく動いてもびくともせずに安心して見ていられます。

一方で、きちんと固定しないといけませんので、設置の時に多少面倒になることがデメリットです。
垂直に固定できないと不安定になりますし、床などを傷つけてしまうこともありますので、きちんと正確に設置するようにしましょう。

この他にもDIYキャットタワーもあります。
これは完全に形が決まっているのではなく、軸や棚、網、階段などのキットをばらばらに購入することができ、自分で好みの形に作れるというものです。
室内のスペースや、愛猫の好みに合わせて自由にデザインを決められるというのが大きなメリットです。

組み立てのために多少の道具が必要となることもありますし、事前にしっかりとどのような形でキャットタワーを作りたいかを考えてキットを購入しないと、上手に設置できないこともあります。
若干の手間がかかる方法ですが、一番自由度が高く、飼い主にも愛猫にもメリットが大きいタイプだと言えるでしょう。