記事を読む

なぜ犬の定番の名前はポチだったのか

なぜポチなのか

犬の名前の定番はなぜポチなのでしょうか?
ハナサカ爺さんの歌にも登場することでもしられるポチの名前の語源はどこにあるのでしょうか。

いろいろな説明があるのですが、共通していることはポチの語源は外国語が関係しているということです。
明治時代にフランス語のpetit(プティ:意味は小っちゃい)を聞き間違えたという説があります。

明治になって、多くの外国人が日本にやってくるようになりました。
その際にフランス人が可愛らしい犬に対して、言った言葉を日本人がポチと聞き間違えたことがきっかけになって、ポチが広く使われるようになったと考えられています。

一方でイギリス人が番犬に対してGo Porchと呼んでいるのを聞き間違えてポチとなったという説もあります。
ポチはポルトガル語でこっちに来なさいという意味なので、それが語源になったという考え方もあります。

これっぽち

これっぽちという言葉からそれを犬の名前として使うようになったという説もあります。
これっぽちというのは小さなという意味がありますので、犬の可愛らしさをそのように表したという説もあります。
また、犬の柄がブチなのがなまってポチになったという説もあります。

ポチという名前は日本だけのもの

ポチという名前は日本だけのものです。
アメリカでは犬の名前の定番は、マックスです。イギリスではアルフィーが人気の名前です。
ドイツではバロウという名前が定番です。

中国手は犬の色を呼ぶことが多いようです。
それぞれの国で犬の呼び方が異なっていますが、共通して言えるのは犬に対しての愛情表現を表しているものであるということではないでしょうか?
日本でも最近はポチ以外の名前も多く使われるようになってきています。
ココやレオなどの名前が現在では特に人気があるようです。

定番の名前にとらわれずに自分の好きな名前を付けることが日本でも多くなっています。
自分の子供に名前を付ける感覚と似ているのかもしれません。
昔は日本では女子には子を付けるのが一般的でしたが、最近はそうではなくなってきています。
時代にマッチした名前が犬の場合にもあてはまるのかもしれません。

他のペットの名前の付け方

他のペットにも名前を付けてあげるようにするといいでしょう。
飼い主からの愛情をペットは十分に感じることができるようなり、親密な関係を築くことが出来るようになるはずです。

命名についてはいろいろと考えて見る者楽しいものです。
ペットの誕生日などの記念日には一緒にお祝いをすると楽しいはずです。イニシャルの入った洋服やハーネスなどを購入してみてもいいでしょう。
ペットとの楽しい時間を思う存分堪能できるようになることでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です